アデニウム・ラシニーの実生記録(2022年1月〜更新中)

アデニウム・アラビカム ラニシー(Adenium arabicum rachinee)の種を2022年1月1日にまきました。実生チャレンジの記録です。

アデニウム・アラビカム ラニシーの種を蒔いてから
10ヶ月340日経過中です。

「アデニウム・アラビカム」は夏型の植物で、3月中旬から10月が生育期です。発芽適温は20~35℃。
ブラックステムも同日に種蒔しました。

設定温度20℃の室内で、発芽までヒートマットの上で管理します。
扇風機を使用した状態で、植物用のヒートマットを使用すると大体22℃〜24℃くらいです。
置き場所は、午前中に数時間日があたる明るい半日陰です。午後からは植物用のLEDをつけています。

あらすじ

種の購入場所

種はseed stockさんにて購入しました。
2021年9月に購入し、冷蔵庫に保存していたものです。数量:10個
おまけで全部で14個入っていました。

前準備&種まき

容器はプレステラ90型を使用します。実生の前準備は、下記の方法で行っていますので参考にしてください。

同日にブラックステムも種蒔きしました。成長速度が早いのでびっくりしています。

成長記録

2022/2/9

39日経過

ブラックステムと同様によく成長していますが、遅れて発芽したものはまだまだ小さく個体差があります。
発芽率:12/14
うち1個はアルビノっぽい白い葉で、葉はすぐに枯れてしまいました。

初めてアデニウムの実生をした時は、成長がゆっくりだったのでプレステラ90型で十分だと思いましたが、思った以上に成長スピードが早いので早々に植え替えが必要になりそうです。
初めての実生の時の成長スピードが遅すぎで、今回が通常のスピードなのかもしれませんが環境でこんなに変化があるとは驚きです。

2022/5/4

123日経過
123日経過
123日経過
123日経過

4月に入ってから腰水をやめて2つの鉢に分けて植え替えました。その際にこじらせてしまい、小さい株がいくつか腐ってダメになってしまいました。残った株は個体差がかなりありますが、いまのところ大丈夫そうです。葉は枯れたり、新しいものが生えたりを繰り返していて、1枚しか残っていないものもあります。もう少ししたら梅雨に入るので、根腐れしないように気をつけて管理しようと思います。

  • URLをコピーしました!
あらすじ
あらすじ
閉じる